脱毛の種類と痛みの強さについて

髭や脛毛など気になるムダ毛を脱毛処理する男性は増えています。メンズ脱毛も様々な種類がありますが、利用者としては脱毛効果とともに痛みの強さも気になるところでしょう。濃い髭や腕のムダ毛を脱毛するには、医療レーザー脱毛が向いています。レーザー脱毛は毛根の機能を停止させるため、1回照射すれば部位によってはほぼ永久脱毛が可能だと言っても過言ではありません。ただし、レーザー脱毛は、肌に対する刺激が強く、痛みを伴います。

そこで、麻酔クリームを塗布したり、冷風を当てて冷却したりして、痛みを抑える工夫が凝らされています。光脱毛処理は、レーザー脱毛のような痛みはなく、快適に施術を受けられるでしょう。ただし、毛根を破壊する訳ではないので、しばらくするとまたムダ毛が再生します。したがって、定期的に施術を受ける必要があります。

ニードル脱毛の内容と痛みの強さ

ニードル脱毛とは、毛穴に電気針を挿入し、毛根や毛乳頭を破壊してムダ毛の再生を防ぐメソッドです。主なニードル脱毛には、電気分解法とフラッシュ法があり、この2つをミックスしたのがブレンド法です。このほかに、絶縁針脱毛というニードル脱毛法もあります。電気分解法は、ニードル脱毛の最初のメソッドで、電気針から直流電流を流しこんで毛根を破壊する手法ですが、次第に使用されなくなりました。フラッシュ法は直流ではなく高周波の電気を使います。

絶縁針脱毛は医療行為のため、医師や看護師といった医療従事者しか扱えません。いずれにしても、針を皮膚に刺すので、他のどの方法よりも痛みが強いと言えるでしょう。その代わり、1個ずつ毛乳頭を確実に破壊するため、永久脱毛として最も効果が高いと言われています。

メンズ脱毛サロンは文字通り男性のための脱毛を行うサロンです。男性でも、こまめなお手入れや清潔感のある雰囲気を出したいという人が増えているので、そういったニーズに合わせたサロンが注目されています。